わたしの人生を変えた夢小説の話をする

hmhmhkr.hatenablog.com

こちらの記事を読んだのと、ちょっと個人的にタイミングがいいので、わたしの人生を変えた夢小説の話をします。

今週の木曜日、2/23に伝説の乙女ゲーム遙かなる時空の中で3」がVita版となって発売されます。わたしをオタクにし、わたしと夢小説を出会わせ、わたしとBLをも出会わせてくれたジャンル。まさにわたしの人生を変えた作品です。
Vita持ってる人は無料体験版をプレイしてみてください。プレイしろ。お願いだから。

ここからわたしの人生を変えた夢小説の話になります。
遙か3の基本的な、けれど重大な設定のネタバレがあるので、これからプレイする予定の方は注意してください。

それは、わたしが初めて読んだBLD(Boys Love Dream)でした。男夢主で、夢主が受けで、お相手は遙か3の攻略キャラである将臣くんでした。

いやもうめっちゃくちゃ衝撃的でした。夢小説でBLしてもいいんだ!?っていうのがまずびっくりでしたし、なにしろそのお話がとてつもなく面白かったんです。
10年近く昔の話なので、記憶があいまいになっているところがあるのですが、夢主さんはもともと重盛さんと恋仲で、死別してしまってました。ここからもうドツボ。衝撃。遙か3プレイした人はご存知でしょうが、平重盛は重要人物でありながら物語開始前には故人なんですね。そこに重盛と容姿の似ている将臣くんがやってくる。そこから始まる夢主さんの切ない葛藤がね、もうね、最高なんですよ。最高だったんですよ。当時のわたしにはほんとに雷に打たれたような衝撃だったんです。

いやもう、初めて読んだBLDがこの作品でよかった。こんなに素晴らしいものを読ませていただけてわたしは幸運だ。と、いましみじみ思うくらいすごいお話だったんです。BLとしてもツボ、原作設定の合間を縫った二次創作としてもドツボ。
連載が完結されたときは泣いたことを覚えてます。たぶん二次創作で初めて泣いた経験がそれ。重盛さんから続いて将臣くんと夢主さんのお話が収束するの、もうほんとうにすごいとしか言いようがないです。ただ、悲しいのが「めちゃめちゃすごかった」という衝撃ばかり覚えていて、肝心の内容がうろ覚えなとこ!悔しい!いまこうやって語ってることも何割確かかほんとに微妙だし思い出補正入ってるだろうけど、いやほんとに凄かったんですよ!すごいとしか言いようがなくて!書き手となった今だからわかるけどあれだけ構成考えて長編完結させるって生半可なことじゃないよすごいんですよ!!でも内容はうろ覚えでほんとに悔しい!!あっ、でも夢主さんのデフォルト名は覚えてるんですよ。

この将臣くん夢のおかげで、いまわたしはBLDを書いていると言っても過言ではないんです。あの素敵な将臣くん夢くらい、誰かを揺さぶれるような夢小説が書きたいと思って、永遠の目標です。ほんとうに大好きで、わたしの夢小説好きな友人たち全員に読んでもらいたいくらい。
……なんですが、連載が完結されて間もなく、そのサイト様は閉鎖されてしまいました。10年近く経ってしまったいま、そのサイト管理人様がどうされているのか見当もつかない。サイトが復活されていないかと探してみたけれど見つからない。悲しい。あのすばらしい夢小説をもう一度読みたい……それが叶わなくても、一度でいいから管理人様にお礼が言いたい……。

なんてことを、遙か3Ultimate発売前に叫んでおきたかったのでババッと書きました。たぶん引用した記事で言ってた「好きな夢小説の話をしてほしい」ってこういうのじゃないとおもうけど。

この夢サイトさんをご存知の方、いらっしゃらないかなあ……わたしにBLDを教えてくれて、素敵な夢小説を読ませてくれてありがとうとお礼を申し上げたいです。