わたしの人生を変えた夢小説の話をする

hmhmhkr.hatenablog.com

こちらの記事を読んだのと、ちょっと個人的にタイミングがいいので、わたしの人生を変えた夢小説の話をします。

今週の木曜日、2/23に伝説の乙女ゲーム遙かなる時空の中で3」がVita版となって発売されます。わたしをオタクにし、わたしと夢小説を出会わせ、わたしとBLをも出会わせてくれたジャンル。まさにわたしの人生を変えた作品です。
Vita持ってる人は無料体験版をプレイしてみてください。プレイしろ。お願いだから。

ここからわたしの人生を変えた夢小説の話になります。
遙か3の基本的な、けれど重大な設定のネタバレがあるので、これからプレイする予定の方は注意してください。

それは、わたしが初めて読んだBLD(Boys Love Dream)でした。男夢主で、夢主が受けで、お相手は遙か3の攻略キャラである将臣くんでした。

いやもうめっちゃくちゃ衝撃的でした。夢小説でBLしてもいいんだ!?っていうのがまずびっくりでしたし、なにしろそのお話がとてつもなく面白かったんです。
10年近く昔の話なので、記憶があいまいになっているところがあるのですが、夢主さんはもともと重盛さんと恋仲で、死別してしまってました。ここからもうドツボ。衝撃。遙か3プレイした人はご存知でしょうが、平重盛は重要人物でありながら物語開始前には故人なんですね。そこに重盛と容姿の似ている将臣くんがやってくる。そこから始まる夢主さんの切ない葛藤がね、もうね、最高なんですよ。最高だったんですよ。当時のわたしにはほんとに雷に打たれたような衝撃だったんです。

いやもう、初めて読んだBLDがこの作品でよかった。こんなに素晴らしいものを読ませていただけてわたしは幸運だ。と、いましみじみ思うくらいすごいお話だったんです。BLとしてもツボ、原作設定の合間を縫った二次創作としてもドツボ。
連載が完結されたときは泣いたことを覚えてます。たぶん二次創作で初めて泣いた経験がそれ。重盛さんから続いて将臣くんと夢主さんのお話が収束するの、もうほんとうにすごいとしか言いようがないです。ただ、悲しいのが「めちゃめちゃすごかった」という衝撃ばかり覚えていて、肝心の内容がうろ覚えなとこ!悔しい!いまこうやって語ってることも何割確かかほんとに微妙だし思い出補正入ってるだろうけど、いやほんとに凄かったんですよ!すごいとしか言いようがなくて!書き手となった今だからわかるけどあれだけ構成考えて長編完結させるって生半可なことじゃないよすごいんですよ!!でも内容はうろ覚えでほんとに悔しい!!あっ、でも夢主さんのデフォルト名は覚えてるんですよ。

この将臣くん夢のおかげで、いまわたしはBLDを書いていると言っても過言ではないんです。あの素敵な将臣くん夢くらい、誰かを揺さぶれるような夢小説が書きたいと思って、永遠の目標です。ほんとうに大好きで、わたしの夢小説好きな友人たち全員に読んでもらいたいくらい。
……なんですが、連載が完結されて間もなく、そのサイト様は閉鎖されてしまいました。10年近く経ってしまったいま、そのサイト管理人様がどうされているのか見当もつかない。サイトが復活されていないかと探してみたけれど見つからない。悲しい。あのすばらしい夢小説をもう一度読みたい……それが叶わなくても、一度でいいから管理人様にお礼が言いたい……。

なんてことを、遙か3Ultimate発売前に叫んでおきたかったのでババッと書きました。たぶん引用した記事で言ってた「好きな夢小説の話をしてほしい」ってこういうのじゃないとおもうけど。

この夢サイトさんをご存知の方、いらっしゃらないかなあ……わたしにBLDを教えてくれて、素敵な夢小説を読ませてくれてありがとうとお礼を申し上げたいです。

「夢」を都合のいい悪口として使うな

 

8013.hateblo.jp

8013.hateblo.jp

8013.hateblo.jp

これらの記事を読みました。だいぶ前の記事ですが、これらについて感想と意見を述べさせていただきます。
わたしの以前の記事を見ればわかりますがわたしは腐女子で夢者です。主に夢小説でBLを書いています。夢小説でBLを書いています。

 

【この記事で言いたいこと】

①「主人公が攻めの夢小説」があることをご存じないんですか?
②「夢」について語る前にあなたの考える「夢」の定義をはじめに示してください。
③自分が嫌いな創作を分類するために適当な言葉を使うのはやめてください。「夢」を悪口の言葉にするのはやめてください。

 

【一連の記事を読んでの感想】

わたしもBLCP二次創作を嗜むので、自CP二次創作のほとんどが自分の解釈違いなときの苦しみはよくわかりました。同情します。頑張れ強く生きて。でも「ドリ腐」って言葉を押しつけることはいただけません。

ドリ腐【どりふ】腐女子の亜種。 定義としては「腐女子を名乗る夢女子」のこと。自己投影型腐女子。攻めを理想の彼氏とし受けを自分の分身にしている。 二次創作においては「私(受け)と理想の彼氏(攻め)のラブストーリーを見て」が主な特徴であり、キャラ崩壊、設定無視、人間相関図を見事ぶち壊して、それを疑問に思わないどころか平然としている。原作の面影をとどめていないものも散見されるのも特徴。 原作はキャラカタログでしかなく、原作へのリスペクトは一切感じさせない。自覚派と無自覚派に分かれる。そのため、無自覚派においては「ドリ腐」を指摘するとヒステリーのように否定するが、好きな作風や好んで描いている作風を見れば一発で分かるのが特徴。正統な腐女子と呼べない。偽装腐女子。仮面腐女子。 もっとも多い腐女子の亜種のため、腐女子と区別するための用語。

http://8013.hateblo.jp/entry/20150406/1428326599

 何度もじっくり読んだのですが、どう頑張って解読しても悪口のように読み取れました。
他人の二次創作を指して「あなたの二次創作はキャラ崩壊、設定無視、人間相関図ぶち壊し」「原作はキャラカタログ、リスペクトはない」って言われてキレない二次創作者はいないのではないでしょうか。「ドリ腐」にあてはめられた方にも悪口だし、レッテル名称にいいように使われた「ドリーム(夢)」にも悪口です。
「夢女子さんを中傷したり批判したりはしていない」そうですが、「ドリ腐」とやらの定義を見れば夢創作好きにも悪口をおっしゃっているように見えます。夢創作好きからすれば「夢好きはキャラ崩壊・設定無視・人間相関図ぶちこわし・原作はキャラカタログ・原作へのリスペクト無し」と言われたようなものです。

確かに、まあ、言わんとしているところはわからなくもないです。夢小説や自己投影系妄想を否定しながらも、ご自身で(わたしから見れば)夢的妄想や夢的創作(ここで言われているドリ腐的なものではなくモブ・オリキャラ介入系)をされている方を見ると、わたしもモヤモヤします。あなた、ご自分が否定されてる「夢」に含まれているものを、無自覚に想像されていますよ、と。
ゆえに無自覚に夢的妄想をされている腐女子向けに、二次創作の選択肢の一つとして夢小説があることを「腐女子こそ夢小説を書くべき論」を書いたのですが。

 

上の記事を書かれている方は、

私は「夢」の概念がないですし、好きな人がいても、そのよさは理解できません。

「夢」みる少女じゃいられない - 腐女子解体新書

 とおっしゃりながら、BLの受けに自己投影をして夢思考のBLCP二次創作を読んだり書いたりする無自覚夢思考腐女子さんを批判しているようですが、

私は攻めに自己投影をするタイプですが、夢願望はないけれど、あるとするなら攻めになって受けとラブしたいという気持ちなら十分にあります。

「夢」みる少女じゃいられない - 腐女子解体新書 

イエス!モブおばさん - 腐女子解体新書

これらを見る限りこの方にも夢思考があるようにわたしには思えます。もしかして主人公攻めの夢小説をご存じないのでしょうか? 男主人公が攻めとして受けとラブするBL夢小説はあるし、女性夢主×男キャラっていう夢小説もありますよ。
わたしは腐女子こそ夢小説を書くべき論にて「モブおじさんも夢小説」と定義したのですが、その定義からしたらモブおばさんもばっちり夢小説です。つまり上記の記事を書かれた方にも無自覚の夢思考があると、わたしには思えてなりません。
もしかして「ドリ腐」を定義された方は「夢」「ドリーム」を「男キャラ×自分(読み手のアバターとなっているキャラクター)」でしかないと思っているのでしょうか? もしそうだったらそれはあまりに狭い認識です。もちろん「キャラくんと恋愛する私」を表現した夢創作も多くあります。が、「夢」は定義に困るほどに多様化し、ヘテロラブやBLや百合、恋愛のない作品から原作キャラクターの出ない作品まで様々です。
「ドリ腐」という言葉を作ってラベリングをしたいのなら、もっと「ドリ(夢)」の部分をよく調べてください。

 

さらに、「ドリ腐」という言葉、「腐女子のふりをした夢女子」について話す前に、「『夢』の定義」を示して下さい。先にも述べましたが、「夢(ドリーム)」の定義は人によって様々です。夢小説に興味の無い人が思うよりもはるかに多様な夢小説が存在しています。
まずなにをもって「夢」とするのか。考えがわからないと、夢者側のわたしとしては意見がしづらいです。

そして、自分の好きなCPの二次創作の多くが解釈違い・自分の苦手な系統だからと言って、マイナスのレッテルとして「ドリ腐」などと分類するのはやめてください。他人の創作に込められた書き手の意図を決めつけて分類するのからどうかと思うのですが、どうしても分類したいなら、ご自分が興味もなく(おそらく)よく知りもしない「ドリーム」「夢」という言葉を使わないでください。しかも偏見に満ちた認識で。
「あなたの書くBLCP二次創作は受けに自己投影しているので夢です」と言われたら、「夢じゃないです!」って怒るのは当然かと思います。そんなこと言われたら、「ドリ腐」とされた方の夢への偏見と悪印象が助長されるのなんてわかりきっています。「ドリ腐」とされた方だけでなく、夢にとっても迷惑です。少なくとも夢者で腐女子のわたしにとって迷惑かつ不快です。だからこの記事を書いているのですが。
あなたがマイナスのレッテル貼りに使った言葉は誰かにとっての大切な言葉です。それを知ってください。

「夢」を都合のいい悪口として使うのはどうかやめてください。大元の記事を書かれた方がこの記事を見ることは無いかもしれませんが、お願いしておきます。

 

最後に、夢創作の多様性を知っていただくために、先日書いた記事をご紹介しておきます。それでは。

makun0uch1.hatenablog.com

 

あなたの知らない夢小説

 

makun0uch1.hatenablog.com

makun0uch1.hatenablog.com

上記二つの記事(とツイッター)で夢小説についてもそもそと語っていたら、「それって夢小説じゃなくない?」「夢小説って男キャラ×女主人公で自己投影するやつでしょう」って認識が多く見られてンンンンンと渋い顔をしている。そういう夢小説だけを夢小説とするのは、

「BLはシュッとしたイケメンと女の子みたいな美少年の恋愛だ」と言ってしまうくらい狭い

腐女子こそ夢小説を書くべき論 - 模索中

って最初の記事で書いたのに!

もちろん、男キャラ×女主人公で、女主人公の個性が薄くて、読者が女キャラに自己投影できるように書かれている夢小説もたくさん存在する。けれどもそうでない夢小説もたくさん存在する。

※こう書くと「自己投影夢女子を見下している」って言われそうなのですが、見下してないので安心してください。ただここでは話題にしないだけです。

なので、ここでは夢小説の多様性を示すために、様々な夢小説を紹介してみることにした。どれも面白い作品なので、是非閲覧してもらえるとうれしい。すべての作品の作者には紹介する許可を取ってある。

 

 

超絶美形の男主人公とキャラクターの出会い

傾界の美青年 https://pictbland.net/items/detail/68724 (pictbland。ログイン無しで閲覧可能)

・ジャンル:血界戦線
・デフォルト名:あり
・名前変換:あり

いわゆるメアリースー的な、超絶美形な男主人公がキャラと出会って護衛される話の冒頭。美形という概念を原作世界にぶつけた二次創作。明らかに設定を盛っており、夢主というよりオリキャラ。でも夢小説。

 

モブ攻めなのか夢小説なのか(R18)

www.pixiv.net

・18歳未満閲覧禁止
・ジャンル:鉄血のオルフェンズ
・デフォルト名:なし
・名前変換:なし

BLCP(片思いだけど)前提の男主人公×男キャラのエロ夢小説。片想い同士の三角関係、代替セックス。夢主の名前は呼ばれず(ネームレスと呼ばれる手法)、容姿も描写されないために書いた人間もモブなのか夢主なのかわかっていない。

 

沖矢昴であって沖矢昴でない沖矢××

www.pixiv.net

・ジャンル:名探偵コナン
・デフォルト名:なし
・名前変換:なし

原作の「あるかもしれない裏側」を想像させる、非常にメタ的な夢小説。沖矢昴という原作でも特殊な立ち位置のキャラクターに居場所を奪われた、沖矢××という男主人公の話。夢主が何者なのかということを考えながら読むと面白い作品。

 

幽霊だって主人公になる

アン・ラッキーマンは眠らない http://privatter.net/p/1986786 (Privatter。ログインで閲覧可能)

・ジャンル:ワールドトリガー
・デフォルト名:あり
・名前変換:あり

突然弟が亡くなった出水と、幽霊のまま漂う弟夢主の話。
キャラの兄弟姉妹を妄想して夢主にするのは夢小説ではよくあること。恋愛もせず、特別な事件も起こらない。あたたかで平凡な日常、けれども少しだけ寂しさが滲む作品。

 

 

サブマス×鬼灯クロスオーバー世界夢

www.pixiv.net

・ジャンル:サブウェイマスター×鬼灯の冷徹
・デフォルト名:なし
・名前変換:なし

二次SSとか二次オリSSとかでよくあるクロスオーバー、夢小説にもある。この作品は主人公の性別も明かされていないので、男女好きなように読むことができる。原作キャラと夢主が一時擦れ違って言葉を交わす程度の交流が、その世界に住んでいるような感覚を読者に与える。

 

 

性癖ぶちこみ屍姦夢小説(R18)

悪辣な男 http://privatter.net/p/1986679 (Privatter。ログインで閲覧可能)

・18歳未満閲覧禁止
・ジャンル: PSYCHO-PASS
・デフォルト名:あり
・名前変換:あり

男主人公→キャラを前提とした男主人公×モブの屍姦。がっつり屍姦。閲覧注意。
主人公のほかにモブを出してもいい。がっつりBLをしてもいい。これもまた夢小説。
自分の性癖に真摯に向き合って作られた作品。

 

 

原作に居るかもしれない一般人のお話

"材料"とりまく人々の掌編集 http://privatter.net/p/1986903 (Privatter)

・ジャンル:ゼルダの伝説
・デフォルト名:なし
・名前変換:なし

原作にいるかもしれない人物を夢主に据えた、世界夢(あるいは世界観夢)。世界夢とはこの作品に於いての定義は中でされているが、簡単に言うと『原作のとある村に住む青年などがただそこで生活している』話である。ただしこれも世界夢の中の一つであることをご承知頂きたい。

 

 

男主人公と女キャラ

えくりゅ - ecru - — アリスの淹れたコーヒー

・ジャンル:だがしかし
・デフォルト名:なし
・名前変換:なし

だがしかしアニメEDアリス世界の話。狂ったお茶会でサヤアリスと男主人公が出会う。夢主は狂ったお茶会の眠りネズミがモチーフ。最後はホラー風味。

 

 

女主人公でギャルゲー作品夢小説

LOVE SONG 蒼の夢 http://privatter.net/p/1987410 (Privatter。ログインで閲覧可能)

・ジャンル:リトルバスターズ
・デフォルト名:なし
・名前変換:なし

女主人公が女性キャラと会話。百合夢ではなく相手男キャラが別に居るが、名前含め一切出てこない。キャラ解釈を主人公との会話の中で描写している話。ギャルゲ夢だってあるんだよ。

 

 

男主人公によるド鬼畜凌辱系エロ夢小説(R18)

【BLD/krk】あかいくつ:pictbland.net (ログイン無しで閲覧可能)

・18歳未満閲覧禁止
・ジャンル:黒子のバスケ
・デフォルト名:あり
・名前変換:あり

性悪男主人公×男キャラのBLエロ夢小説。夢主はモブお兄さんの発展系。本編は受けキャラ視点。正気を疑うほどの特殊プレイ。
男主人公でキャラくんにエロいことをしてもいい。腐女子の欲望がぶつけられたBLD(Boys Love Dream)だ。

 

 

原作の合間にあったかもしれない一幕

奪い返す尊厳 http://privatter.net/p/1988604 (Privatter。ログインで閲覧可能)

・ジャンル:進撃の巨人
・デフォルト名:あり
・名前変換:あり

ザックレー総統とその女部下の一コマ。『例の拷問』周りの掘り下げSSS。恋愛要素もなく、ときめきもなく、主従関係であるので友情でもない。しかし原作の隙間にあったらロマンがある。

 

 

所謂「夢小説」らしい夢小説

www.pixiv.net

・ジャンル:ゴッドイーター
・デフォルト名:なし
・名前変換:なし

多くの人が「夢小説」と聞いて想像するような、男キャラ×女主人公の夢小説。女主人公の設定が薄く、また彼女の一人称で話が進むので、自己投影しやすい(と思われる)。容姿エディット可能なゲーム主人公は夢主人公なのかオリキャラなのか、と話題になりやすいが、ここでは夢小説として扱っている。

 

 

 キャラが夢主を鍋にして食う漫画(R18-G)


www.pixiv.net

・18歳未満閲覧禁止。注意事項必読。
・ジャンル:おそ松さん
・デフォルト名:なし
・名前変換:なし

グロとカニバと下ネタに注意。複数の男キャラクターが一人の女主人公を鍋にして食す話。原作のノリを解釈し、グロテスクかつファンシーに仕上げられている。ほんとに夢ってなんでもあり。
この作品のように夢小説だけではなく夢漫画もある。今回紹介はしないが夢絵もある。

 

 

夢小説を探せば、スタンダードな読者の自己投影を前提とした男キャラ×女主人公の恋愛モノから、こういった「夢小説らしくない」夢小説まで様々なものがある。
外から見て夢小説らしくなくても、現役で夢小説を書いている書き手は、それを夢小説だと信じて書いている。それくらい自由な表現が許されるのだ、夢小説は。
主人公の設定も、話の展開も、「こうでなければいけない」なんて決まりはないのである。であるから、どうか「こんなのは夢小説じゃない」ではなく、「こんなのも夢小説なのか」と知っていただければ嬉しい。

「腐女子こそ夢小説を書くべき論」追記:10年後も夢小説を読みたい

makun0uch1.hatenablog.com

上の記事を書いたらえらい反応をいただけて嬉しかった。たくさんRTしていただいたおかげでいろんな立場・考えの人に見てもらえ、良いか悪いかはともかく腐女子と夢小説について話題になってよかったと思う。

腐女子こそ夢小説を書くべき論」の最後に、記事を書いた理由を「腐と夢は共存できると示したかった」「夢小説は侮蔑されるものじゃないと示したかった」と書いたのだが、少し言葉が足りなかったように後から思った。
わたしは10年後も20年後も夢小説が読みたいから、あの記事を書いた。

「腐と夢が共存できると示す」「夢小説に向けられる差別撤廃を目指す」のは、そのステップにすぎない。

わたしは毎日たくさんのサイトが更新されていて、ツイッターピクシブもないのに夢小説好き同士で盛り上がっていた10年前が忘れられない。いまの夢小説界は明らかに衰退している。
サイトの数は少なくなり、以前はものすごいスピードで回っていた更新宣伝掲示板も、ログの流れは遅くなった。そして、検索避けした個人サイトでの活動という特徴から、夢小説は興味のない人々の目にはとても見えづらくなった。

夢小説を「卒業」した人々は自らの若かった過去を「夢小説は黒歴史」としてしゃべり、その声の大きさに新しく夢小説に参入する書き手読み手の数は減らされる。

参考 : 夢小説を「黒歴史」と見下す風潮 - Togetterまとめ

ピクシブに進出しきれず、界隈の外から古代文明と揶揄され、「夢小説」という言葉が悪口として蔓延する現状を許せない。許したくない。許してなるものか。
わたしは10年後も20年後も夢小説を読みたいから、どんなに無駄と言われようと啓蒙と布教をしていきたい。「腐女子こそ夢小説を書くべき論」は、その一手として書いたつもりだ。

 

腐女子こそ夢小説を書くべき論」は、夢小説に興味がないくせに「夢小説ってキャラくん×自分なんでしょう。わたしには関係ないわ」という認識しかない人、特に夢小説(夢女子)と対立関係として挙げられやすい腐女子にむけてアプローチをした。つもりだ。

多くの腐女子が夢小説について「自己投影気持ち悪い」という認識をしていることがままある。自己投影というものを忌避しすぎていると思うこともある。だからわたしは件の記事内で、「モブ攻めや壁になって推しのセックス眺めたいのも夢小説」と言ったのだ。申し訳ない、これについてはわたしの表現が悪かった。
わたしは「自己投影ってみんなやってるものなんだから変に忌避するのも差別するのもやめてくれ」と思って、夢小説のハードルを下げまくったつもりだ。
自己投影や夢小説的文法のものなんてたくさんあるし多かれ少なかれ誰もがやるものなんだから、そこに夢小説という名前がついたときにバカにするのはやめてほしいという気持ちをこめて。

そうして夢小説に偏見のあった人に、少しでも興味を持ってほしかった。そこから僅かでも、ほんの一人でも「夢小説読んでみようかな、書いてみようかな」という気持ちになってくれればそれで十分なのだ。
実際記事を読まれた方のなかで、ご自分の二次創作愛好者としてのカテゴリーに、微妙にしっくりきていなかったらしい方が「私が求めていたのは夢小説だったのか」と気づいてくださったらしいのを何件か見かけた。喜ばしいことだ。心のどこかに夢小説という表現を留めておいてくれるだけでも嬉しい。

例の記事によって、誰かが二次創作の新しい扉を開けて、ついでにたくさんの人が夢小説について考えて話題にしてくれたのだから、わたしはそれだけで嬉しいのだ。無関心でいられるよりずっといい。

わたしは夢小説ということばに差別的侮蔑的意味がなくなり、10年後も夢小説と名のついた作品がたくさん読めることを望んでいるだけだ。

 

※11/27 追記
夢小説がどれだけ自由で多様な表現かを示すための、様々な夢小説を紹介する記事をつくりました。いわゆる「夢小説」らしい夢小説から、BLエロ夢小説まで様々。以下の記事より読めます。
 

makun0uch1.hatenablog.com

 

 

◎以下、RT先での反応諸々への返答。

 

「腐と夢は相容れないから無理に混ぜようとするな」

わたしは夢小説のなかでも主人公の性別が男性の、いわゆる「男主夢」と呼ばれるものを書いている。男主人公×女性キャラの夢小説や、男主人公と男キャラの恋愛夢小説(BLD:Boys Love Dreamと呼ばれる)が中心だ。BLDは夢小説界のなかでも専門サーチがあったり、BLDカテゴリーがあったりとそれなりに知られたものである。
それは明らかに「腐向けの夢小説」である。10年以上前から腐と夢は共存しているのである。
腐女子こそ~論」でも紹介したが、pictblandの夢小説タグは確認したのか?確認すれば「腐と夢は相容れない」だなんて言えないはずだ。2016年11月現在、pictblandの夢小説タグでは切れ味鋭すぎるBL夢小説が読める。是非読んで来てほしい。それから「腐と夢は相容れない」のか考えてくれ。
あとべつに無理に混ぜようとなんてしていない。わたしは腐女子に向けて「選択肢の提示」をしただけだ。

 

腐女子に夢小説を押し付けるな」

これはタイトルが悪かった。「書くべき」というところで押し付けと取られてしまったのかもしれないが、本文では一度も「腐女子は夢小説を書け!」と押し付けていない。むしろ押し付けにならないように気を付けた。
「じゃあ何故タイトルに強い言葉を使ったか?」その理由は明確だ。多少強い言葉を使わないと、夢小説に興味のない層は「自分には関係ない」とスルーしてしまうからだ。多少強引でも、記事を読んでもらわないことには始まらない。押し付けも強制もしていないから安心してほしい。

 

「男キャラ×自分で妄想している自己投影夢女子を見下している」

見下していない。これは本当に見下していない。むしろわたしは記事内で「自己投影的妄想は一般的で珍しいものではない」という意味で論を展開したつもりだった。伝わらなくて本当に申し訳ない。

 

「腐向けが入ってくると、ただでさえヒエラルキー最底辺の自己投影夢女子の肩身が狭くなる」

申し訳ないがこれはちょっとわからない。まずなぜ自己投影夢女子がヒエラルキー最底辺なのかがわからない。確かに夢小説は長年不当に見下され、叩かれ、「特殊嗜好だから隠れろ」と言われてきたかもしれない。わたしも経験しているからそれはわかる。
だが、それでも自分で「自己投影が気持ち悪いのなんてわかってる」「ヒエラルキー最底辺」だなんて言ってしまったら、外から「気持ち悪い自覚があるなら隠れろ、つつましくしろ」と言われても言い返せなくなってしまう。二次創作なんてすべて同じように気持ち悪いのだ。自分を過度に貶める必要などないと思う。
もしオリキャラ夢主や腐向け夢小説が増えてしまって居心地が悪いと感じられるのなら、ご自分で「男キャラ×自分は楽しい!」とアピールして、作品を書いて増やして、布教していけばよろしいのではないか?
わたしは夢小説というジャンルの絶対数を少しずつでも増やしたいと考えているので、わたしなりに布教するだけだ。

 

「自己投影しなくて、男主人公とかで、BLとか書くなら、それもう夢小説じゃないのでは?別の名前つければ?」

これは同意できない。なぜならわたしは上記の「一般的に夢小説っぽくない夢小説」も夢小説だと信じて10年以上夢小説を書き、読み、楽しんできたからだ。
わたしにとって夢小説という里には愛着も恩義もある。この文化を絶やしたくない。だから布教する。
名前を捨てれば?と言うのは簡単だ。けれどもそれは「アイデンティティを捨てろ」と言うのと同義だ。それはあまりに、横暴ではないか。

 

 

最後に、「腐女子こそ夢小説を書くべき論」について寄せられた反応を紹介する。

anond.hatelabo.jp

dreammaker2.hateblo.jp

dreammaker2.hateblo.jp

privatter.net

anond.hatelabo.jp

anond.hatelabo.jp

 

腐女子こそ夢小説を書くべき論

※これは夢小説という手法を使ってBLを表現することの可能性を論じた記事です。

腐女子に向けて「夢小説という表現技法の選択肢の提示」をしています。

※記事内では夢小説について広義の定義をしています。夢小説の定義は様々で、押し付けの意図はありません。

 

「夢小説ってキャラ×自分なんでしょう」「わたしは夢小説に自己投影しないし」「昔は好きだったけど、もう夢は卒業して腐女子だよwwwえ、まだ夢好きなの?www」
「というか、男女の恋愛よりBLが好きな私に夢小説なんて関係ないから」

なんて他人事だと思っている、そこの腐女子。なんて勿体ない……夢小説という技法を使って表現されるBLを知らないなんて、非常に勿体ないですよ!

この記事は、腐女子と夢者の混合であり、「夢小説でBLを表現する」二次創作者のわたしによる、「もっと夢小説もBLも読みたい!」っという願いを叶えるための布教活動です。
腐女子~~夢小説書こうぜ~~!

 


◎そもそも夢小説って何?

夢小説を読んだことがない、昔読んでいたけど「卒業」したという、現在夢小説に興味がない人が言う夢小説というものは、多くの場合「キャラ×自分の恋愛」「無個性女主人公の名前を自分の名前に変えて楽しむもの」とされているようです。

その認識は間違っていないのですが、ものすごく狭い認識だと言わざるを得ません。

「BLはシュッとしたイケメンと女の子みたいな美少年の恋愛だ」と言ってしまうくらい狭いんです。腐女子に向かってそんなことを言えば「そういうのもあるけどそれだけじゃないよ!」と言うでしょう。「夢小説はキャラ×自分の自己投影恋愛小説だ」というのは、それくらい強引なのです。そういうのもあるけどそれだけじゃないよ!

じゃあ夢小説の定義ってどんなものなの?と聞かれれば、「人それぞれ」であるとしか言えません。
先程出した、外から見た夢小説の認識で重要となる要素も、実際に存在する夢小説に照らすと下のようなことになります。

  • 恋愛……してもしなくてもいい
  • 自己投影……してもしなくてもいい
  • 名前変換……してもしなくてもいい

なんじゃそりゃ、ガバガバじゃないか、と思われるでしょう。書き出してみてわたしも思いました。
しかも「恋愛」については、男×女である必要は全くない。女×男もアリ、百合もアリ、BLもアリなのです。しかしこの定義の曖昧さこそが夢小説の受け皿の広さであり、懐の深さなのです。
ここでは便宜上「原作にいないキャラクターを書き手が投入し、原作世界と何らかの関わりを持たせる二次創作」を夢小説とします。あくまでわたしの考えであり、すべての夢小説好きがこう考えているわけではありません。というか、夢小説を定義することとか無理。


腐女子と夢小説がどう関係するのか?

ここまでに述べた夢小説の多様性をふまえると、原作にいない人間を原作世界や原作キャラとの関係性にぶっこんでおけばそれでもう夢小説として成立してしまうのです。
腐女子モブ攻めって人気ですよね。醜いモブおじさんもいれば、顔のない不特定多数としてのモブもいますよね。
でもそれ、夢界隈から見たら夢小説なんです。(モブおじさんを夢主人公とするかは認識が分かれるところですが、限りなく広義の夢小説であるとはおもいます。

ここで夢界隈をよく知らない方は「モブ攻めって、モブは男だろう。夢小説は女が主人公なんじゃないのか」と疑問に思うでしょう。なんと、夢小説は主人公の性別はなんでもいいんですよ!女でも男でも、無性でも両性でも、そもそも人間じゃなくても!猫主人公とかよく見る!これでモブ攻めを夢小説的だと思う感覚が少しでも伝わったでしょうか。

ここまで話すと「モブが関わる話が夢小説って言われても、それなら今まで通りモブでいいじゃん。わざわざ夢小説書く必要ないじゃん」と思われるかもしれません。けれども、モブがモブから夢主人公になれば、モブでは獲得できなかったオリキャラとしての設定を獲得できるんです。それは名前や、見た目や、立場や、過去……モブよりも一人のキャラクターとして立てることができます。キャラの家族でも、魔性の美少年でも、暗い過去を持った寡夫のオッサンでも……

さらに、夢主さえ居れば何を描いてもOKみたいなとこあります。個人の好みはさておき、とてつもなく自由です。キャラと絡まずに、原作世界観に夢主ぶっこんだだけの「世界夢」とかあるんです。最近話題になりましたね、「#シンゴジ実況」。あれは自分が映画の世界の一人と仮定したごっこあそびですが、そういうのも夢界隈から見ればめちゃくちゃ夢小説です。世界夢です。

夢小説ってすごく自由度が高い二次創作なんですよ。キャラくんとわたしでイチャイチャする妄想だけじゃないんです(もちろんそういうのもアリですが)。

そんな自由度高すぎな夢小説界隈から、腐女子の方々に是非とも、是非ともオススメしたい夢小説表現があります。「BLCP観測型夢小説」「男主人公夢小説」です。


◎BLCP観測型夢小説

これはわたしが勝手にそう呼んでいるだけなのですが、夢主がBLCPを横から眺めている夢小説のことです。いわゆる「女子BL」です。BLを女の子が眺める、最近流行りのアレ。学生キャラ同士のBLCPを、同級生の女の子が眺めているような話が(わたしの見る限り)多いでしょうか。

腐女子がたまに言う「クラスメイトになってBLCP眺めていたい」の受け皿はここです。ここの夢小説にあります。

眺める女性を腐女子にして、自分の代弁者として推しBLCPを解説したり、彼らに新たな展開をもたらしたりするのだってアリ。というかわたしが読みたいのでください。

「女子BL」については同名の商業アンソロジーが出版されています。

libre-inc.co.jp

この「女子BLアンソロジーがいかに夢小説か」という視点については、フォロワーさんが記事を書いていたのでよければこちらもどうぞ。

wakudeki.hatenablog.com

ただし、わたしがこの形式の夢小説を「女子BL」と呼ばないのは、BLCPを観測するのは女子でなくてもよいから、です。
たとえばBLCP周辺の男性夢主によって。クラスメイトの男の子や年上のおじさん、小悪魔ショタなどなんでもありです。夢主がCPの片方に恋心を抱いていてもいいですね。BLが増えます。
またたとえば人間じゃないもの。BLCPの飼ってる(かもしれない)ペット、大切にしている鉢植え、はたまた壁。腐女子、よく「壁になって推しCPのセックス眺めてる」って言うじゃないですか。それ、夢小説ですよ、夢小説。

BLCP傍観型の二次創作、最近流行ってますよね。それって夢小説的でもあるんです。
ピクシブに投稿するとき、「夢小説」って一言入れてくれたら、「とにかくなんでもいいから夢小説が読みたい」っていう層にも読者が広がりますよ。いるんですよそういう奇特な人って。夢小説に飢えている人が。

 

◎男主人公夢小説

これはわかりやすいですね。主人公が男性の夢小説です。
夢小説の主人公は、女性だけでないという話は先ほどからしてきましたが、特にこの男主人公夢小説は腐女子と相性が良いのです。わたしのホームグラウンドはここです。

何故腐女子と男主人公夢は相性がいいのか。夢主人公と男キャラでBLができるからです!(※男主人公と女キャラの夢小説もありますがここでは触れません)

「BLなら原作キャラ同士でやれば十分。わざわざオリキャラと絡ませる必要なんてない」と思う方、多いでしょう。

けれども、原作にない立場、属性を持った男キャラを使ったBLを表現したい場合はどうしたらよいでしょうか?
例えばショタキャラが好きだけどハマったジャンルにはショタはいない。それでもこの原作世界で動くショタが見たい、ショタと関わる原作キャラが見たいとき……原作キャラを安易にショタ化すれば「キャラ崩壊」と言われかねません。

また、原作の男キャラAとBのBLにはしっくりこないけど、男に抱かれる/男を抱くA単体は見たいというとき。もしくは原作キャラAのことが受けとして大好きだけど攻めキャラのことはそれほどでもない…というとき。受けキャラのことを愛しすぎて攻めが蔑ろになっているBLCPが「攻めの棒化」と揶揄されていることもありますよね(受けの場合は「穴化」)。

しかし夢小説ならば、「萌えに従ったせいで起きたキャラ崩壊」も「キャラ単体を愛するゆえの攻めの棒化」も解決することができます!
夢小説は自分の好みの属性、原作に介入させたい立場を夢主人公という素体に好き勝手盛っていくことができるのです。原作にショタがいないなら自分の理想のショタを作ってぶっこめばいいし、原作に受けちゃんを抱いてくれそうな攻めキャラがいないのなら理想の攻め夢主を作って受けちゃんを抱かせればいいのです。

夢小説という手段を知れば、二次創作においてBLを表現する時の創作の幅がぐっと広がります。無理矢理キャラに役割を当てはめるだけじゃなく、原作にいない夢主人公という立場を利用するという選択肢があることを知ってほしいです。

さらに男主人公夢小説は、作中で肉体関係について言及されない限り、恋愛関係にある男性同士の受け攻めを決めなくても大丈夫というところも個人的に魅力です。勿論エロ描写がある場合、キャラと男主人公の間で肉体関係があることを示唆する場合などは男主人公の受け/攻めを表記しないと悲劇が起こります。けれどもあくまでプラトニックなカップルの場合や、いつかセックスするかもしれないけど今はセックスしてないカップル、エロの絡まないネタのときに受け攻めを決めなくていいのです。
例えるなら、挿入エロ描写のない商業BL漫画でしょうか。挿入までのエロがない商業BL漫画って、受け攻め明記してないの多いですよね。
BLCPはCPという特性上、二人の名前を並べて表記した時点でどんなにプラトニックな関係だったとしても「もしセックスするならどちらが挿入するか」を考えなければなりません。しかし、夢小説なら、それをしなくていいので、心安らか!!!

いまご自分のされている萌えの表現方法に微妙に違和感を持っている方、新しい二次創作BL表現を模索したい方、男主人公夢小説という選択肢を試してみてはいかがでしょうか。夢小説すごい、なんでもできる。BLエロもあるよ。

 

◎夢小説ってどこにあるの

よく腐女子の方に言われます。「夢小説ってどこで読むの?」「そもそも夢小説ってまだ存在するの?」

わかる……夢小説って興味がないと「見えない」んですよね……。夢小説界隈って、昔からの個人サイト検索避け文化が未だに根付いているので、本当に、ちょろっと検索しただけじゃ見つかりにくいんですよ。そして、見つかりにくい場所にある夢小説のほうが、マニアックで、いろんな可能性を秘めていて、萌えのツボにギュンと来ることのほうが多い……。

夢小説が一番多いのは個人サイトです。多くの夢小説は未だに個人サイトにて発表されています。わたしもサイト運営してます。
夢小説サイトの探し方を教えてしまうと、わたしが夢小説界隈から殴られ叱られてしまうので、個人サイトは「頑張って探してみてください!」としか言えません。

けれども夢小説、特に腐女子向けの夢小説がお手軽に読めるSNSがあるんです。それがpictblandです!

pictbland.net

このpictblandというSNSは、BL作品に特化しており、完全に腐女子向けです。ですがこのpictpland、夢小説用の名前変換機能があるんです!

上の方で「夢小説において名前変換はしてもしなくてもいい」と述べましたが、夢主人公の名前変換機能があるということは、その作品が夢小説であると示す一番わかりやすい手段です。そしてこのpictblandは、名前変換可能な男主人公夢小説の投稿ができるのです。
pictblandにログインし、「夢小説」でタグ検索をします。すると、すごい!!男主人公夢小説が!!いっぱい出てくる!!!
男主人公夢小説ってどんなものかな?と興味持ってくださった方には、是非pictblandで検索していただきたいです。ピクシブより絶対見つけやすい読みやすい。

ちなみにBLCP観測型夢小説は、女性主人公が視点であることが多いという点でpictblandで探すのは困難かと思われます。ピクシブの方がBLCP観測型夢小説(的な文法の作品)はあります。モブ介入とか、モブがCPの当て馬にされてるやつとかですね。ピクシブで見つけたら「これがBLCP観測型夢小説か……」と思って読んでみてもらえたら嬉しいです。

※11/27 追記
夢小説がどれだけ自由で多様な表現かを示すための、様々な夢小説を紹介する記事をつくりました。いわゆる「夢小説」らしい夢小説から、BLエロ夢小説まで。以下の記事より読めます。

makun0uch1.hatenablog.com

 

腐女子、夢小説を書こう

我々オタクは二次創作をしようとするとき、漫画や小説など、表現したいものに適した方法を選びます。夢小説は漫画や小説などと並んだ、二次創作表現手法の選択肢であるとわたしは考えています。

二次創作でBLを表現したいとき、夢小説という選択肢があることを思い出してくれたら嬉しいです。
ついでにお願いすると、ご自分の二次創作物について「これ夢っぽいかも」って思ったら、ほんの隅っこにでも夢小説の文字を入れてくれると嬉しいです。繰り返しになりますが、ピクシブだったら夢小説タグつけたり。そうすると、腐だけじゃなくて夢者も読者として取り込めますよ。そしてどんな夢小説でもいいから観測しておきたい奇特な夢小説好きは涙を流して喜びます。

ちなみに夢小説って言ってるけど、漫画やイラストでも夢創作はできますよ!夢創作たのしい!!なんでもできる!!自己解釈の表現の幅が広がる!!レッツトライ!!

 

 

【おまけ】なぜこの記事を書いたか

理由一つ目は、夢と腐は共存するということを示したかったから。
夢と腐って何故だか対立するものとして語られることが多くて、対立しないよ、共存してるよ、共存できるよということを主張したいのです。というか、夢と腐を相容れないもののように語られてしまうと、男性夢主とキャラのBLを主軸に二次創作をしているわたしの行き場がなくなってしまうので。夢界隈でBL書いて生きてる人間は、見えにくいけれどいるんです。

理由二つ目は、夢小説は侮蔑されるものじゃないと主張したかったから。
現役で夢小説に触れている人以外が言う「夢小説」は、幼稚で拙いものという蔑みや見下しのニュアンスが含まれているように常々感じています。「これ夢小説っぽい」「夢小説みたい」って言うとき、無意識に馬鹿にしていませんか。
夢小説を書いている人間としては、「夢」を悪口の言葉として使われるのはたまったものじゃありません。夢小説は、ただの二次創作の手法であり、スティグマ的に扱われるものではないと、わたしは主張していきます。

参考までに、現役夢者の方が書かれた記事を貼っておきます。

ohutonmogmog.hatenablog.com